広告会社から地元の自動車メーカーに転職した話

広告会社から地元の自動車メーカーに転職した話

私は大学を卒業して都内の広告会社に就職しましたが、人間関係がすごく悪くて仕事をするのに支障が出てしまいました。

 

そのため3年で退職をして転職をしようと考えていました。

 

最初は転職サイトなどを利用して都内で求人を探していましたが、不況のせいかなかなか転職先が見つかりませんでした。

 

そのためアルバイトをしながら食いつなごうと考えていたら親から連絡があって地元で自動車部品メーカーの会社で正社員の中途採用の募集をしていると教えてもらいました。

 

そのため地元に帰って自動車部品メーカーの会社の求人に応募してみる事にしました。

 

最初に一般的な学力テストが行われてその後に面接が行われました。

 

面接では軽い自己紹介と志望動機を聞かれたぐらいで後は軽い雑談みたい感じで終了しました。

 

数日後採用の通知が来て自動車部品メーカーの会社に中途入社する形になりました。

 

私は大学を卒業しているので基本的にデスクワークになるのですが、現在工場の現場が忙しくて人手が足りないという事なので工場の現場で働く事になりました。

 

工場の現場は日勤と夜勤を一週間で交代していく形なので体力的にはすこしきつい面もありましたが、社員の人はみんな社交的でコミニケーションも取りやすいので前の広告会社とは違って労働環境が整った職場だと感じました。